世界詩歌記念日の提唱者はモンゴル系詩人だった

     1999年に、ユネスコは世界文学活動の促進を図るために3月21日を『世界詩歌記念日』(World Poetry Day)に制定した。この日は世界各地で詩歌にちなんだ様々なイベントが開かれる。モンゴル詩人たちも例外なく詩を書き、この日を記念してきた。しかし、この『世界詩歌記念日』の提唱者がモンゴル系の詩人だったことはほとんど知られていない。

今年四月にモンゴル国の著名な詩人G・アヨールザナらがカザフスタンの名詩人バヒタジャン・カナピヤノフの詩集『木の葉』をモンゴル語に翻訳・出版した。その際氏は、Zaluu.mnの記者に対して、同詩集の作者であるバヒタジャン・カナピヤノフについて「チンギス・ハーンの長男ジュチの直系である」であるという興味深い情報を提供した。またその記事によると、モンゴル国国民作家称号を持つD・チョードル氏の藩士として、氏が1996年ころバヒタジャン・カナピヤノフと一緒にロシアのゴーリキー文学大学で学んでおり、ある日ロシア詩人祭で、バヒタジャン・カナピヤノフが3月21日を世界詩歌記念日に制定する提案をし、大勢の詩人たちの賛同を得たと伝えている。それが事実なら、その3年後の1999年にユネスコが3月21日を世界詩歌記念日に正式に決定したことになる。それはモンゴル系の詩人の快挙とも言えよう。

ロシア語インターネットで調べると、バヒタジャン・カナピヤノフは1951年10月4日にカザフスタンに生まれた。今年58歳。カザフスタンが誇る詩人、作家、脚本家、映画監督であるという。またカザフスタンの労働英雄章受章者である。 ヨーロッパ文学連盟メンバーなどを務める。

カザフスタンは1236年からチンギス・ハーンの長男ジュチの息子のバトゥ用いるモンゴル騎馬軍団に征服され、1242年からはバトゥが建てたジュチ・ウルス(キプチャク・ハン国=欽察汗国)の支配下にあった。そうした歴史的経緯を考慮すれば、バヒタジャン・カナピヤノフがジュチの直系である可能性は十分あるのではないかと思われる。    文責:B@B

この記事は、https://dnn.mn/ном-ярьж-өгье-алтан-ургийн-бахытжан-канапьяновын-мөчир-монголчлогдлоо/に基づき、編集・加筆したものである。

TS・ダムディンスレン銅像の除幕式が行われる

5月5日、モンゴル国大統領の提唱により、首都ウランバートル市内にある国立テーマパークで、国民作家、三度の国家勲章受章者、啓蒙思想家、教育家、学者、翻訳家である故TS・ダムディンスレン氏(1808-1986)の銅像の除幕式が盛大に行われた。銅像は高さ3.5メートルで、民族衣装を着て、左手に著書を、右手にペンを持った、芸術的な座像となっている。

氏の銅像は、首都ウランバートル市建市380周年記念活動の一環であり、また氏の生誕111周年記念として建てられた。除幕式には多くの政府や市の高官たちが参列した。あいさつに立ったウランバートル市長S・アマルサイハン氏は「われわれはTS・ダムディンスレン氏の銅像を建てるだけではなく、氏の偉業を若い世代に伝えてきたい」と述べた。

TS・ダムディンスレン氏は、『モンゴル秘史』の現代語訳、『モンゴル文学100選』など輝かしい業績を残す一方で、旧ソ連の影響を受けてモンゴル伝統的縦文字をキリル文字表記法で転写する方法を考案した。それは1946年から現在までモンゴル国の公式文字として使用されている。TS・ダムディンスレン氏は晩年にはそれを自分の生涯における唯一の「大罪」であると自省していたという。近年伝統的縦モンゴル文字を復活させようとする動きも活発である。

                   文責:B@B

 

同記事は https://zasag.mn/news/view/22489により編集したものである。

内モンゴル人作家アヨンガ氏の長編小説が英訳される

このほど内モンゴルの人気作家アヨンガ氏の長編小説『マンバ・ラサン』(MAMBA RASANG)がジム・ヴェルドン氏の英訳によりイギリスで出版された。同長編小説は、2012年に内モンゴル自治区の季刊誌TSOLMONに掲載され、大反響を呼んだ。オルドス高原を舞台としてオルドス・モンゴル人の社会およびラマ僧たちの生活を描いているという。2013年に内モンゴル人民出版社より書籍として出版。同年に中国語版『人民文学』に翻訳・掲載された。今回の英訳はこの中国語訳を基にしている。

アヨンガ氏は1947年にオルドス市に生まれた。多数の小説を世に送り、人気を博する。中国少数民族文学の頂点を決めるAZNAI賞、内モンゴルにおけるもっとも権威的な文学賞SOLONGO賞などを受賞。内モンゴルを代表する小説家であり、氏の長編小説の英訳はモンゴル文学の世界進出に大きく寄与するものである。

                                                  文責:B@B

 

情報源:内モンゴル週報(2019年4月2日付)により編集。