感謝状

Narmaiモンゴル協会
会長及びBold先生
  お世話になっております。大阪モンゴル語文化教室運営担当Sainjargal です。
  715日、大阪モンゴル語文化教室の夏祭りを開催致し、子供及び保護者合わせて45名ぐらいの方が参加しました。なお、夏祭り開催経費の一部をNARMAIモンゴルよりご支援頂きました1万円を活用し、参加者の負担を減らす事ができました。暖かいご支援に感謝致します。
  在日モンゴル人家族多くいますが、やはり交流するチャンスが少なく、特に在日生まれた子供達に今回のようなイベントが非常に必要と改めて感じました。引き続き大阪モンゴル語教室を盛り上げていきますので、ご応援のほどよろしくお願い申し上げます。
  尚、今回のイベントの写真を添付致しますので、どうぞご覧くださいませ。
          大阪モンゴル語文化教室 一同

                     (原文のまま)

 

 HP管理人より

  二日ほど前に、上記の感謝状と写真をいただいました。ありがとうございました。

  日本大阪モンゴル語文化教室 は、2015 1 月に発足。責任者は、内モンゴルジャロード出身のGerelqimeg さんとSainjargalさんです。 海外におけるモンゴルの子供たちに母語を学習できる環境を作るのが目的であると言います。

  現在、子供の数は 30 名ぐらいいるようですが、常に参加しているのは5~ 10 名で、世帯では5-8世帯になるそうです。

ここに感謝状および写真を掲載させていただきます。

  本当に素晴らしいことですね。民族文化に注ぐ情熱には感服するばかりです。(B@B)

 

会員(社員)募集中!

本法人の新規会員(社員)を広く募集中です!ご希望の方は、「会員(社員)募集」にて詳細をご確認のうえ、「お問い合わせ」フォームよりお申し込みください。

母語教室の活動が故郷でも反響

NARMAI モンゴルの統計によれば、日本におけるモンゴル語母語教室は10カ所ほどある。そのうちの一つ、「大阪モンゴル語文化教室」の活動が内モンゴル自治区少年児童出版社発行の「NAHIA」(新芽)誌6号に紹介された。記事には同教室の主宰者であるGerelchimegさんとSainjargalさんご夫婦(共に通遼市ジャロード旗出身)が母語教室を開いた心境や意気込みが綴られている。「Mongolooroo baigaasai……子どもたちに母語を覚えてもらい、大切なモンゴル文化を受け継いでほしい」。
異国の地にいながら母語教育のために心身を注ぐみなさんに敬意を
表したい。