モンゴル国の「著名な母」たちが挙式

日本ではあまり知られていないが、3月8日は、国際女性デ―であり、アジア諸国、ヨーロッパの一部の国々、とくに旧社会主義圏を中心に各種記念活動が行われている。

モンゴル国でも毎年盛大に祝うが、非常にユニークである。今年の3月9日付のモンゴルのインターネットで、ある記事に筆者は強く関心を引かれた。それは、「36歳までの〈著名な母〉一等徽章受賞者の8人の母親が結婚式を行った」というタイトルである。

ウランバートル市セレモニー・ウェディングと「徽章受賞の母親たち」フェイスブック・グループが共同主催し、挙式費用は無料であるという。それは日本の4倍の広大な領土を持ちながら人口が300万余人というモンゴル国ならではのユニークな国家勲章の一つである。

ここにある「著名な母」徽章(Aldart Ekhiin Odon)とは一体どのような勲章だろうか。調べてみると、モンゴル国の各種国家勲章の中に「著名な母」徽章があった。しかも1959年から行われている、伝統ある勲章である。

その条件は次のようである。

「著名な母」の一等または二等徽章は、5〜8人の子供を産み、または8人以上の子供を産み、自分で育て、さらに全員健在であり、一番小さい子が一歳になった母親に授与。他人に養子縁組を組ませたり夭折したりした子はこれに含まれない。しかし、3才までの子を養子として迎えていること、また自然災害により死亡した子は子供の数に含まれる。以上の条件を満たした母親には「著名な母」の徽章、表彰状や賞金を与える。両親を亡くした孤児や片親を亡くした子供3人またはそれ以上の子を3才まで育てた母親も受賞対象となる。

それによると、記事のタイトルにあるように、「36歳までの〈著名な母〉」とは、5人あるいはそれ以上の子供を産んでいる母親となる。つまりモンゴル国の「著名な母」とはスターやタレントなど有名人ではなく、子宝に恵まれた母親たちのことである。現在、モンゴル国で「著名な母」に登録されている母親たちは216,679人いるという。

少子化が進む日本にとってうらやましいかぎりであろう。

文責:B@B

       

 

この記事は、下記のインターネットを基にして筆者が大幅加筆したものである。

https://montsame.mn/jp/read/182416

http://www.touristinfocenter.mn/cate14_more.aspx?ItemID=122

モンゴル国国家勲章受章者B・ハグワスレンが永眠

モンゴル国の労働英雄、国民文学者、国家勲章受章者、文化功労者、詩人、国家社会功労者、教育者、バボーギーン・ハグワスレンが2月5日午前10時ころ永眠された。氏の他界に接し、モンゴル国政府公式サイトで追悼文が掲載され、2月11日朝、モンゴル国政府はウランバートル市国立劇場で国民葬を催した。その後故人の故郷の中央県バヤンウンジュール郡でも葬式が厳かに行われ、国家儀じょう隊の国歌演奏の元、大地に葬斂された。

故バボーギーン・ハグワスレンは1944年に中央県バヤンウンジュール郡に生まれた。1990-1992年、モンゴル国作家協会会長、1992-1995年、国会議員として文化、芸術関連の多くの法案を提唱し、採択。2009-2012年、政府直轄文化、芸術委員会委員として活躍された。

氏は、Uyangiin toirog(旋律の円)、Angir uurag(聖なる乳)、Khos uyanga(二重旋律)、Gashuun uvs(苦い草)などの詩集、『印璽のない国家』『一握りの血』『尊い愛』などの演劇、映画の脚本などを多くの業績を挙げ、広く国民に愛され続けたのである。彼のUyangiin toirog(旋律の円)、Tsagaan tenkhleg(白い軸)という詩集は、想像力、創作手法においてモンゴルに新しい詩歌時代の風潮を吹く込み、その美学的、哲学的な発想が新しい時代を築いた。

モンゴル国政府は氏の国家、社会、文化芸術への貢献を高く評価し、1993年に国家勲章、1996年に文化功労者、2003年に国民文学者、2017年にモンゴル国労働英雄(国民栄誉賞に相当)などの国家最高賞を授与した。

偉大な詩人が眠る大地には独自の形の石碑が建てられた。石碑には故人の名詩の文言と生前に書いた絵が刻まれた。

わたしは、

星霜の続き、

白き乳の植物である。

 

 

 

 

                           文責:B@B

 

この記事はモンゴル関連のネット記事により翻訳・編集したものである。肖像写真は故人の国民葬に使われたものである。なお、墓石の写真は、国民葬に参列したB.Charmailm 氏が提供した。

内モンゴルの詩人TS・ツォルモンが2018年度詩人ベストテンに

     2019年1月、中国詩歌最大の公式サイトである「中詩網」は、2019年第5回春晩(中国中央電視台春節聯歓晩会の略、日本のNHK紅白歌合戦に相当)組織委員会30名の評議委員会による2018年度における多種表彰項目を選出したと発表した。その中に「2018年度中国詩人ベストテン」が設けられており、少数民族の詩人としては、内モンゴル出身の著名な詩人、評論家Ts・ツォルモン氏がその一人に選ばれている。

Ts・ツォルモン氏は、1963年生まれの内モンゴル自治区シリンゴル盟東スニッド旗出身。現在内モンゴル師範大学モンゴル学院教授、文学博士。中国モンゴル文学学会理事、内モンゴル翻訳家協会副会長、中国作家協会『民族文学』誌特任翻訳者などの役職も務めている。氏は内モンゴルにおける最高の文学賞であるSOLONGO賞(2005)の受賞者でもある。多数の詩集、文学研究著書などを刊行している。近年において氏はモンゴル語だけではなく、中国語、キリル文字、英語でも詩集を出版し、世界的に活躍したことが評価されている。また氏は東京で開催された世界俳句大会などにも招待され、日本モンゴル文学会による和訳された作品も数多い。

氏の詩作には、モンゴル的な感性、大自然と人間の情感が交差する時空間、命の尊さなどを歌ったものが多い。  文責:B@B

*写真はTs・ツォルモン氏の作品の一部である。