内モンゴルの牧畜民がウランバートルで写真展

    内モンゴル自治区シリンゴル盟東スニッド旗の遊牧民で写真家のS・ツェンゲルバヤルがモンゴル国の首都ウランバートル市で「わたしはモンゴル人」という写真展を開いた。ウランバートルでの個展は内モンゴル人写真家としてはじめての快挙だそうだ。

 1994年から写真撮影を独学で習い、内モンゴルの遊牧地域の自然や生活習慣などを撮影し続けたという。遊牧民写真家という経歴が魅力的である。

                                        (文責;B@B)

 

情報源:CCTVモンゴル網 http://mongol.cntv.cn/index.html

       http://mongol.cri.cn/343/2017/05/29/121s203632.htm

元朝青龍が建国英雄の子孫に住居を贈呈

  元横綱朝青龍のD・ダグワドルジ氏は、61日の国際母子の日に合わせて、モンゴル国の建国英雄マンライ・バートル・ダムディンスレン(18711921)の孫に住居を贈呈した。

  ダムディンスレンは内モンゴルのフルンボイル盟(現フルンボイル市)バルガ族出身で、1911年からモンゴル人民革命軍に協力し、モンゴル人民共和国の独立に貢献した歴史的人物である。ダグワドルジ氏はダムディンスレンに昔からあこがれ、彼の遺留品の嗅ぎ煙草入れを高額で落札した経緯があり、またウランバートルの事務所にその肖像画を飾っているのだ。

  氏は数週間前に建国英雄ダムディンスレンの孫娘ラムジャブさんらがダルハン市内で老朽したアパートで恵まれない生活を強いられているのをニュースで知ると、「心が痛み、悲しすぎる。ぼくが崇拝する英雄の孫たちがこんな生活をしているのをはじめて知った。偉大な祖国で彼の子孫にこんな生活をさせてはならない。彼女はぼくのおばあさんと同じだ」と言って、家を二軒プレゼントすることをフェースブックで宣言。その約束を有言実行したのである。

  日本で横綱としての品格が問われた暴れん坊が、祖国ではその人間としての品格が称賛の声を浴びている。(文責:B@B

 

情報源:http://www.bataar.mn/10056685

 

モンゴル国ブフ連盟新会長誕生

 5月29日、ウランバートル市にてモンゴル国家ブフ連盟の定例会が行われ、新しい会長を選出。二代目となる新会長にはモンゴル国の大手企業ガツォールト株式会社社長のL.チンバト氏が選ばれた。氏は、モンゴル国労働英雄賞受賞者(国民栄誉賞相当)でモンゴル国レスリング協会前会長でもある。モンゴル国のレスリングを世界的レベルに育て上げた実績が評価された。
同選挙には、元大横綱Kh.バヤンムンヘ氏、国会議員で元横綱のA.スヘバト氏、前首相顧問でヘンティ県ブフ連盟会長のM.フレルバートル氏の四名が立候補したが、他の3立候補者が辞退したため、チンバト氏が無投票で当選する形となった。
モンゴル国家ブフ連盟は、1990年12月4日に発足し、R.ニャムドルジ氏が26年間会長を務めた。ニャムドルジ氏は、ブフ宮殿の建設、リーグ戦の実施などモンゴル国のブフの改革と発展に多大な貢献をされたが、一方で、その「独裁的」体制を疑問視する声も多かった。
モンゴル国家ブフ協会初のビジネスマン会長は今後どのようにブフの舵を取るのか注目される。(文責:B@B)