大統領選、バトトラガ氏が勝利宣言

  モンゴル国5期目大統領選は7日決選投票を行い、8日深夜50.7%の投票を獲得した民主党立候補者ハルタマー・バトトラガ氏(54歳)が勝利宣言をした。国内投票区数か所と海外の投票を加算しなくても過半数を超えたからである。

バトトラガ氏は、6月6日、チンギス・ハーンの生誕地とされるヘンティ県から選挙活動をスタートさせた。キャッチフレーズは、「モンゴルは勝つ」(Mongol yalna)。氏は、今回の選挙について、ただの大統領選挙ではなく、モンゴル国の主権、独立を確立する歴史的選挙であると位置づけ、国内結束、国益の重視、自由と正義と国民の尊重、経済復興と発展、生態バランス、自然環境の保全、新しい輸出の創出、平等な外交関係の樹立などをマニフェストに掲げ、国民の支持を得た。
元横綱朝青龍ダグワドルジを始め、国家勲章受章者で芸術家のソソルバラム、北京ピンピック金メダリストのトゥブシンバヤル、女流詩人ホラン、名ジャーナリスト・ムンヘバヤスガランらが最後まで支持を訴えた。

バトトラガ新大統領は、支持者たちに「大統領になった後の最初の仕事は国民を経済的困難から救い出すことだ」と訴えた。
バトトラガ氏は、モンゴル屈指の企業家であり、2008-2012年にモンゴル国交通運輸大臣、2012-2013年に農林大臣などを歴任。またモンゴル国民主連盟役員、柔道連盟会長も務めている。

モンゴル国の経済を立て直せるのか。国民の期待は大きい。(文責:B@B)

馬頭琴巨匠らが国家勲章受章

 7月6日、モンゴル国のエルベグドルジ大統領は、ウランバートル市にある政府庁舎において同大統領令により、内モンゴル出身の馬頭琴巨匠チ・ボラグ氏(1944年)、大横綱バヤルバートル氏(1978年)らに国家勲章であるALTAN GADAS(北極星)勲章を受章した。同章は1990年6月30日に国家勲章として設けられた。ALTAN GADASは、20年以上にわたり、文化、歴史、芸術、スポーツ、学術の分野で顕著な功績をあげた人々に授与される名誉ある国家勲章である。今回は、ロシア連邦ブリヤート共和国、中華人民共和国内モンゴル自治区などから6名が同時受章となった。内モンゴルの著名な歌手テンゲルが都合のより授賞式に参加できなかったため、改めて授賞式を行う予定であるという。
  いままで内モンゴルの著名な言語学者チョイジンジャブ氏らも同章を受章している。(文責:B@B)

速報・モンゴル国大統領選挙は再投票へ

 2017626日、開票のモンゴル国大統領選選挙は、立候補者3名とも善戦。27日午前投票結果が明らかになり、いずれも過半数を超えなかったため、上位二名による決戦再投票を行うと国家選挙局長Ch.ソドノムツェレンが記者会見で明かした。有権者数1,988,868人のうち、投票したのは1,357,788人で、投票率は68.27%であった。そのうち、民主党立候補Kh.バトトラガ氏が517478票獲得し、他の立候補者を10万票も引き離したものの、獲得票数が38.11%で過半数に届かず。モンゴル人民革命党立候補者M.エンフボルドが411,748票獲得(30.32%)、人民党立候補者S.ガンバートル氏が409899票獲得(30.19%)した。

  国家選挙局は、会見で決選再投票の日程を79日に行うとし、海外居住のモンゴル国民の投票日は74日とした。

しかし、国会議員O.バーサンフーらは、再投票は74-6日ころが妥当だと主張。なぜなら、9日になると、711-12日に開催される国家儀礼としての大ナーダムが実質的に始まり、投票率が下がる恐れがあるからであるという。与党の人民革命党は大統領選挙の無効にしたい狙いがあると、国家議員のYa.サンジミャタブ氏は指摘する。また民主党も大ナーダムの前の決戦再投票を望んでいる。

  200872日、モンゴル国民大会議の総選挙で選挙結果をめぐる大暴動が発生し、当時のエンフバヤル大統領が4日間の非常事態を宣言した経緯がある。五期目大統領選挙となる今回の選挙も一波乱の予感がする。(文責:B&B

 

情報源:http://news.gogo.mn/r/210379

http://news.gogo.mn/r/210373