内モンゴルにおける中国語強要教育政策に反対する抗議デモのご案内

◇日本の皆様、コロナ禍中にごめんなさい。今、内モンゴルのモンゴル民族は母語を奪われようとしています。私たちは万全なコロナ拡散防止対策を講じつつ、デモ行進に踏み切ったことをお許しくださいますと同時に、ご理解の程よろしくお願い申します◇

期日:2020年9月12日(土)14:30〜

活動場所:①中華人民共和国駐日大使館前(人数規制により抗議活動のみ)、②デモ行進:日比谷公園中幸門出発~弾正橋(だんじょうばし)公園にて解散、全コース2.2km。約50分。一般の方々は②からご参加ください。

集合場所:日比谷公園中幸門(最寄駅:三田線内幸町A6から徒歩2分、丸ノ内線霞ケ関駅C3出口から徒歩約3分、日比谷駅A14出口から徒歩約4分(出発前に各自十分調べておくこと、日比谷公会堂が目印)。公園内では規定により抗議活動禁止。集合のみとする。参加者は規則を厳守!

集合時間:2020年9月12日(土) 13:30 一般参加者は日比谷公園中幸門寄りの広場にて集合。時間厳守!公園出口にてスローガンやプラカード等を渡す。

スローガン

◇モンゴル語教育を中国語に切り替える政策に断固反対!

◇漢化教育に断固反対!

◇憲法を守ろう!

◇民族地域自治法を守ろう!

◇民族の言語、文化を守ろう!

参加者:モンゴルの文化を愛するすべての人々(民族問わず)

服装 :青色をメインとする衣装の着用が望ましい。

注意事項

◇秩序を守り、決められたスローガン以外は絶対に叫ばないこと。

◇法規を守り、乱暴な発言は謹慎すること。

◇デモ実行委員会が指定するプラカード・スローガン以外は持ち込み禁止。

◇近隣の住民に迷惑にならないよう気を配ること。

◇コロナウイルス感染拡散防止のため参加者全員がマスクをつけ、距離を保つこと。全員の熱を測ること。握手、ハグなどをしないこと。

*平和的デモにより、憲法・法律を遵守し、民族文化を守る意思を中国当局に強く訴える。モンゴル文化を愛するすべての方々に呼びがける。同抗議デモは自発的活動であり、いかなる政治・宗教団体と無関係である。奮ってご参加ください。

                2020年9月8日

               在日モンゴル族デモ実行委員会